中小企業向けにテマヒマのかからない賃金制度、就業規則、退職金制度のセミナー、コンサルティングを得意とする中川式賃金研究所。

HOME > セミナー > 社員が一丸となる賞与の払い方セミナー
セミナー

賞与原資をどう決めたら良いのか悩んでいる経営者のためのセミナーです「社員が一丸となる賞与の払い方」セミナー

賞与の原資の決め方、配分の仕方が画期的との圧倒的な声をいただいています。

賞与の原資をどうやって決めてよいか知りたい

賞与原資悩んでいる経営者が多いですね。
その悩みは賞与を払うときに、
「うちの場合は賞与原資をいくらがいいのだろうか?基準がないので賞与原資の総額の決めかたがわからない。」ことです。
多くの経営者は、世間相場が上がっていれば
「うちも上げなければならないだろうなぁ……。本当は経営が苦しいのに……。」と前回並みの賞与を苦悩しながら支給し、
世間相場が下がっている時には
「うちも下げてもいいのだぁ……。」と前回賞与より下げた金額で賞与を決めていませんか?
「本当にこれでいいのだろうか?」と不安になるが相談できる人がいない。
「経営者は孤独だなぁ」と感じる瞬間です。

賞与は、原資を先に決めることが当たり前です

賞与とは一体何でしょう?
賞与は「利益配分」ではないでしょうか?
年功序列となっている賃金制度を廃止し、成果主義賃金制度を導入することが流行しましたが、極端な成果主義賃金制度はうまくいきませんでした。
むしろ弊害が多いことが分かってきています。
弊社は、成果主義が似合うのは「賞与制度」だと考えています。
賞与制度こそ成果主義とすべきです。
なぜなら、賞与は「利益分配」だからです。賞与は会社の業績に応じて原資を決めるべきです。
当たり前のことですが意外に見逃されています。

賞与は二つの仕組みで利益分配する

1つ目の仕組みは原資の決め方です。
会社の利益が上がれば賞与原資を増やし、会社の利益が下がれば賞与原資を減らす仕組みにすることです。

2つ目の仕組みは、個人の成果に報いることです。
つまり、会社の利益アップへどれだけ貢献したかに応じて賞与を分配する仕組みを作ることです。
貢献度を評価する項目は限られていますが、多くの会社が勘違いをして複雑な評価制度にしています。
従業員に分かり易く、しかも上司も評価しやすい簡素な評価制度であるべきです。

賞与は「見える化」することで社員が一丸となってがんばる

従業員にどうすれば会社の業績が上がるのかをはっきりと示し、社員が、がんばって会社業績を上がれば、その分、賞与が増えることを「見える化」します。
どれだけ頑張ればどれだけ賞与が増えるかわかれば頑張りようもあります。
逆に会社業績が悪くなったら賞与はどのくらい減るかも「見える化」します。
「見える化」することで、社員が一丸となってがんばる仕組みを作ります。

セミナーでお話する内容の一部を紹介致します
  1. 賞与原資は会社業績に応じ自動的に決める。だれも気づかなかったあっと驚く方法を公開。
  2. 個人の評価は何を頑張ったか何が足りなかったかを具体的に示す。
  3. 評価項目は会社の業績に直結するものだけに絞る。
  4. 社員が一丸となって会社業績に取り組む方法。一人当たり粗利で賞与原資を決める。
  5. 評価は会社の業績に直結する5つに絞る。複雑な評価は不要。
  6. 基本給を基準とした賞与額の決定方法は間違い。
  7. 従業員の貢献度に応じて賞与を自動的に分配する方法。

これ以外にもお伝えしたいことが多くあります。セミナーに参加してご確認いただくのが良いかと思います。

このセミナーに参加された方の声を一部紹介致します
  • 「今回のセミナーによって、賞与の合理的な出し方、評価方法を含めてひとつの体系として理解できました。これまでは自信を持って賞与を支給できなかったが、自信が持てた。」
    …… (株)十字屋 貴島社長
  • 「目標の設定方法、考え方は部長、課長にも聞かせたかった。社員の差をつける評価に意味がないことが良く分かりました。目からウロコのセミナーで感激しました。」
    …… サービス業 社長 匿名希望
  • 「賞与原資決定方法のわかりやすさ、評価項目とその評価結果が直結しており、努力すべき目標が自然に明確になることが一番役立ちました。」
    …… 第一ビニール(株) 横田取締役様
  • 「みなし1人当たり人件費の算出と評価シートのシンプルさが一番役立ちました。
    具体的な数字で説明いただき非常に理解しやすく参考になりました」
    …… 株式会社クラッシー・ホームズ 取締役 佐藤浩二様
  • 「評価シートが大変参考になりました。社員を査定・評価するにあたって迷いがたくさんありましたがスッキリしました。
    私がやるべきことがまとまりました。本日より社内に少しずつ取り入れていきます。」
    …… 株式会社クラッシー・ホームズ 代表取締役 畠山孝弘様
講師 中川 清徳
講師 中川 清徳
(有)中川式賃金研究所所長
人事、労務畑で30年間、大企業と中小企業の両方を経験して中小企業は大企業のものまねをしてはダメを確信。
豊富な経験をベースにしたセミナーは、分かりやすくて、実践的であると好評。
特に中小企業向けにテマヒマのかからない賃金制度、退職金制度のコンサルティングを得意とする。
コンサルティングは一般論、抽象論を嫌い、その会社に合った丁寧な指導で、クライアントの絶大なる信頼を得ている。
社員が一丸となる賞与の払い方セミナー
対象者
経営者、役員、管理職、人事、労務担当の皆さま
受講料
1名につき24,000円(税別)
メール顧問契約をされている会社または2名から半額
12,000円(税別)

※昼食はございません。
※複数での参加が効果があがります。
※2名様でご参加の場合は、申し込み画面 STEP2「お支払い方法」で2名様目のお名前をご記入ください。

【メール顧問】とは

【メール顧問】とは、メールやFAXにて気軽にご相談いただける有料のサービスです。《無料メールマガジン会員》とは異なりますのでご了承ください。
詳しくはこちら

注意事項
録音はご遠慮願います。
社会保険労務士、経営コンサルタント、税理士等、同業者のお申し込みはご遠慮ください。
申込方法
下記よりご希望の日程をご選択のうえ、
お名前・ご住所・お電話番号・メールアドレス・会社名・役職をご入力しお申し込みください。
折り返し、参加証、会場案内図、請求書をお送りいたします。
お支払は銀行振込(先払い)・クレジットカード払いをご選択いただけます。
※クレジットカード払いをご選択の場合、必ず参加者ご本人のクレジットカードをご使用ください
定員
20名(先着順とさせていただきます)
主催・申込先
(有)中川式賃金研究所
〒314-0031 
茨城県鹿嶋市宮中4680-184
TEL 0299-85-1475   
FAX 0299-85-1474
お申し込みはこちらから
※3名様以上でのお申し込みはお問い合わせください。お問い合わせはこちら
※終了時間は前後します。
【メール顧問】とは

【メール顧問】とは、メールやFAXにて気軽にご相談いただける有料のサービスです。《無料メールマガジン会員》とは異なりますのでご了承ください。
詳しくはこちら

開催箇所・日程の都合がつかない方へ

開催日程の都合が合わない・または開催会場が遠い等、参加のご都合がつかない場合は出張セミナーWebセミナーで受講することができます。

講師がご希望の場所へ伺いセミナーを開催します出張セミナー

講師が出張する形でご希望の場所へ訪問し、マンツーマン形式で個別セミナーを行います。
場所は自由にご指定いただけます。

『skype』や『Googleハングアウト』でオンライン受講ができますWebセミナー

PCを使いインターネット上でセミナーが受講できます。
会場までの移動時間や交通費がかからないので、受講者の時間、⼿間、コストが軽減できます。

お問合せ・ご相談はお気軽にお電話ください。

電話番号:0299-85-1475 受付時間:10時~16時(土・日・祝日休み)

メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら

このページの先頭へ